航空レーザー計測によって高精度なデータが得られます

航空レーザー計測は航空機に搭載しているレーザースキャナーから地上にレーザー光を照射し、地上から反射されるレーザー光との時間差から得られる地上までの距離や、GNSS測量機やIMU(慣性計測装置)からの航空機の位置情報によって、地上の標高データや地形などの形状を調べることができる測量方法です。

Read More

モービルマッピングについて

モービルマッピングとは、自動車などの走行車両にデジタルカメラや3次元スキャナー、GPSなどの計測機器を搭載して道路を通常走行しながら道路や周辺の建物の形状、標識やガードレール、マンホールなど道路とその周辺の状況や周辺の映像を連続して測定・取得して、高精度な3次元データを得ることです。

Read More