様々な場面で役立つモービルマッピングシステム

モービルマッピングシステム(MMS)とは、車両にGPSアンテナ・レーザースキャナー・カメラ等の機器を搭載して走行することで、道路周辺の3次元空間位置データや周囲の映像データを高精度で取得できる移動体計測システムのことを指します。

絶対精度10cm以内、相対精度1cm以内での高い精度の計測が可能で、道路マネージメントやトンネルの調査点検等に利用されています。道路現況調査でのモービルマッピングシステムの利用は、正確で精密な道路周辺地物の3Dデータを効率的に低コストで取得することを可能とし、作業による道路占有時間の短縮もできるというメリットがあります。

取得した映像データと3Dデータを用いて、地図の基本となる道路敷や道路骨格データを縮尺1/500精度で作ることができます。また、通常の管理では詳細な位置特定が困難な路面表示や道路付属物(ガードレール・照明・マンホール等)も、モービルマッピングシステムを使用することで正確な位置情報として取得が可能となります。

ここで取得したデータは、道路インフラの統合的な維持管理にも役立つのです。さらに、取得した3Dデータを活用することにより、任意地点の縦断図・横断図を作成することもできます。道路にかかる災害が発生した際には、災害前後のデータを比較して被害規模の把握が簡単にできるのも大きなメリットです。

このように、モービルマッピングシステムは道路状況やトンネル等の様々な調査で活用することができるので、これから更なる注目を集めることが予測できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *