航空機をカメラで撮影する

国内や海外など遠方に出かける際には航空機を利用して対応します。

航空機は空港で離発着を行いますが、航空会社によって外観デザインに特徴が有りまして、また小型から大型機まで様々な大きさに分けられます。空港の展望デッキに出かけて航空機の離発着の様子をカメラ撮影される方もみえますが、綺麗に撮るには望遠レンズを利用する事がお勧めです。

遠方から空港に向かって飛んでくる航空機を拡大して早い段階から撮影してゆく事が可能となります。また望遠レンズを使用して高倍率で撮影を行いますと手振れなどが発生し易くなってきますが、これを防ぐ為にはカメラを三脚で固定して対応しますと手振れなく綺麗に撮る事が出来ます。

航空機の種類によって飛行速度に違いが有りまして、空港での離発着では飛行速度が低い状態なのでシャッターチャンスを逃しにくいのですが、例えば上空の戦闘機などを撮影する際には非常に早いスピードで通過しますので、カメラのオートフォーカス精度と連写性能が重要となってきます。

オートフォーカス精度が悪い場合には、ピントが合わずにピンボケ写真になってしまいますし、ピントが合わないとシャッターが切れない事も有りますので、シャッターチャンスを逃してしまう原因にもなります。

また連写性能は高速で移動する機体の一瞬を逃さないために重要な機能でして、一秒当たりに撮影できるコマ数の多い方が、飛行機を希望する角度から撮る事が可能となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *