航空機を撮影するためのカメラについて

空港やその他の場所で飛行している航空機を撮影するためにはそれなりに使用に耐えることができる適切なカメラを用意する必要があります。

昨今ではスマートフォンのカメラ機能の性能も上がっていますが、飛んでいる航空機を撮るためにはズームが必要となり、スマートフォンのデジタルズームでは画質が粗くなると同時に最大ズームにしても被写体までの距離が遠いため非常に小さなものしか撮ることができません。

航空機の撮影のカメラ機能として、まずはオートフォーカス機能が高性能であるかどうかが重要になってきます。動くものにどれだけオートフォーカスの機能が対応しているかという点で、初心者でも満足のいく航空機の写真を撮れるかどうかが決まります。また、フォーカススピードの速さも必要になり、これは突然上がってくる機体を撮った際にピンボケとならないために必要な機能です。

動く被写体に対してオートフォーカスがどれだけ対応しているかというのは、実際に家電量販店に赴いて店員の話を聞くのが最も失敗しないカメラ選びとなります。また、連射性能に優れているかどうかも大切で、秒間3コマや10コマといった具合にカメラによって連射速度は異なるのが特徴です。

航空機を撮影する場合には基本的に連射を用いて、何枚か撮れたなかから特に良い角度のものを残すというのがひとつの方法とされているため、連射性能の良い個体を選択すると納得のできる写真を残せる可能性が上がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *