高度なモービルマッピングシステム

モービルマッピングシステムを導入することであらゆる3次元位置情報を高精度で効率的に取得することが可能です。

走行しながらでも高精細なデータを取得することができるため建物の有無だけではなく構造、道路の形状や標識、マンホール、ガードレールの路面文字といった細かい部分まで取得でき、衛生可視状態なのに絶対精度と相対精度が高く測量しているのと変わりありません。

地図作成をしているのとほとんど変わらない精度なのがモービルマッピングのシステムですが、専門的な知識がなくても運用することが可能です。計測時も衛星不可視誤差を予測してコンピューターがモニターに表示させて、その後もFIXするまで待つといった流れとなり、それほど難しくありません。

長距離のデータ取得になりましても面補正パラメーターによるGPS補正によって安定した精度が得られますから距離に関係なくデータ取得できます。GPS測位だと、どうしても自然現象等によって誤差が生じてしまう可能ですが全国に配置されている電子基準点データを基にして補正しますので正確な位置情報を得られて誤差が生じないようにしています。

また処理ソフトの機能による連続して計測することも可能となっていまして、モービルマッピングシステムはさまざまなシーンで活躍しています。例えばトンネル調査、路面調査、災害状況調査、標識調査、アセットマネジメント、道路平面図作成、道路工事の現状調査、高精度3Dマップ、道路のバーチャルデータ化等で色んな業界で活躍しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *