自治体はドクタヘリの導入を検討すべき

多くの自治体はドクタヘリの導入を検討すべきでしょう。

これを導入すれば間違いなく救える命が増えるからです。自治体がこのドクタヘリを導入しない理由はただ一つでお金がないからです。ドクタヘリの設置には費用が莫大にかかりますし、維持管理にもかなりの費用がかかります。しかも、そのためのシステムも作る必要があります。ですが、救える命が増えるというのは大きな意義がありますから、自治体はこうしたシステムが出来るようにする努力をする必要があります。

これまでのことしか出来ないのでは自治体の意味がありません。これから景気が良くなっていけば自治体に入る税収も増えることになるでしょうから、そうした増収分はこうした意味ある事に使用するのが適切です。自分たちの報酬を上げたりしている場合ではないのです。出来ることが出来ていないわけですから、自分たちの報酬を削ってでもこうしたシステムを作ることが必用になるといってもいいぐらいです。

ドクタヘリは間違いなくこれからの緊急対応として広がっていくことになると考えられます。救急車が普及したように、将来的にはどこの自治体でももつべきものとなることが考えられます。それだけ緊急対応というのは大切な自治体の責務なのです。安心して暮らせるというのはこうしたシステムがあることで安心して暮らせることにもつながります。将来的なことを考えればまずこの救急対応は必要になるでしょうから、自治体はこのシステムの導入をいち早く検討すべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *