ヘリを利用した撮影のメリットについて

上空からの撮影を行う目的は様々かと思われますが、地上の様子を広範囲に捉える事が出来るメリットは自然の状態を確認する時にも最適です。

災害などが起きた時にヘリを使って災害現場上空に向かう、その場所からビデオカメラで災害状況をとらえる事で多くの人々に状況を伝える事が出来るようになります。上空から見た映像を人に伝えるためには言葉だけではなく画像や映像を使うのが最適です。

現在災害現場ではどのような状況になっているのかは撮影した映像もしくは静止画を見る事で鮮明に伝える事が出来ます。また、こうした状況を正確に捉えるためには高速移動するだけでなく、上空で静止出来るヘリが使われる事が多いのです。

ヘリは滑走路などが要らない航空機、僅かなスペースが離陸が出来る、着率刷る事も出来る画期的な航空機です。離陸時もしくは着陸時には垂直方向に移動が出来るメリットを持っています。また、旅客機やセスナ機などのように高速移動する航空機の場合には真下の映像や静止画を捉えるためには多くの技術が必要になる、何度も同じ場所を旋回しなければなりません。

これに対してヘリは一定の場所に留まる事も出来ます。これにより撮影の精度を高める効果にも繋がって来るわけです。火山の火口付近を撮影する時なども、近づくと危険を伴いますが、一定の場所から撮影を行うチャンスがある時、一定時間同じ場所に留まりレンズを向ける事が出来る、映像として捉えられる利点を持っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *