モービルマッピングのシステム活用によるメリット

モービルマッピングシステムとは、自動車で走行しながら、建物や道路の形状、道路標識やマンホールなど、またガードレールや路面文字にいたるまで、道路周辺の三次元位置情報を、高精度かつ効率的に取得することを可能にした、移動式高精度三次元計測システムのことをいいます。

GPSやレーザースキャナーカメラなどを自動車に搭載し、走行しながら道路面と道路周辺の三次元情報を取得します。自動車の自己位置や姿勢、全方位カメラからの映像を合わせて、肉眼で見える範囲の中の盲点を補い、効率的に図化することが可能です。取得されたモービルマッピングシステムでの空間情報は、様々な分野で活用されています。

例えば、土木・建設業界ではトンネルや轍調査に、測量業界では道路地図作成や標識調査に活用されています。また自動車業界においても、車両モデルのバーチャル実証用リアル道路データとして利用されています。モービルマッピングシステムには、三つのメリットが挙げられます。

一つは工期を短縮できることです。撮影・計測機材を車両に搭載しているため、一度に大量のデータを走行しながら取得できます。これにより占用許可や作業申請などを簡素化することができます。二つめは高精度化を計れることです。

最新の撮影・計測機材を搭載したシステムにより高精度のデータが得られ、机上での現地把握や分析がより高い水準で可能となります。三つめはコストダウンです。これまでの計測は航空写真が主でしたが、それと比較して撮影面積が小さく、必要な場所だけを撮影・計測することができます。高い費用対効率を実現することができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *