ドクターヘリ-は救急医療用ヘリコプター

ドクターヘリ-は救急医療用ヘリコプターとも呼ばれ、医師及び看護師が同乗して、救急現場に向かいそこから病院までの間に患者に救命処置を行うことができる専用のヘリコプターのことです。

日本ではドクターヘリ-を用いた救急医療をすることで傷病者の救命や後遺症の軽減に役立つと考えています。そのためドクターヘリ-を用いた救急医療を全国的に広げることが、国民の健康を維持し安心して生活ができる社会になると頑張っています。

1990年に至るまでは経済的条件や地形的気象的条件等からの制約があり、思うように進んできませんでした。しかし1990年代から実験が行われたことで、その有効性が認められ各地域での導入が進められる様になりました。

日本より先にドクターヘリ-を導入したドイツでは国内に73機に配備されていて、国内のどこにいても要請があると15分以内で到着することができるようになり、その結果交通事故の死亡者が3分の1に減ったという事実があります。

日本では2001年に岡山で導入されたのが最初ですが、まだまだドイツのようには普及が進んでいないというのが現状です。これは基地内に有る病院との横の連携や十分な医師の確保乗員の養成システム等問題が山積しているからです。

ドクターヘリ-の事業者らは、本当に必要なところ導入が遅れていると指摘しており、導入促進のために運行経費を医療保険から補助するように求めていて、2007年に全国配備が国会で可決、成立しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *