航空測量で精度を高めるポイントとは

航空測量にはセスナ機などの固定翼、ヘリコプターなどの回転翼、最近はドローンを利用した航空測量も注目を集めています。

航空測量は上空から地上にレーザー光線を照射する方式で地図製作を行うのが特徴です。使用する航空機の種類や測量を行う地域、地形や成果用途などに応じて使い分けが必要です。

レーザーを使った測量手法は、地上で反射して戻る時間を基準にしています。しかし、航空機は一定の場所に留まるわけではなく、セスナ機では移動を続ける、ヘリコプターやドローンも僅かに移動することになるので誤差が生じやすくなります。

位置情報を加味することが正確な測量結果に繋がるなどからも、位置情報を取得するためのGPSなども必要です。地上に照射するレーザー光線はレーザーパルスと呼ぶもので、航空機に種類に応じて1秒間に20万回から50万回のレーザーパルスを照射する機能を持つ製品があります。

レーザーパルスの発射回数は多ければ多いほど制度が高くなると言われています。特に森林内部や下層植生の把握を行う時などは、反射も加味しなければなりません。例えば、木が生い茂る場所にレーザーパルスを発射すると、地表に届く前に反射してしまうため、正確な地形図を製作することが出来ません。

地表に届いたレーザーパルスは強い反射となる、木や障害物で反射したものは弱くなると言われていますが、強弱に関係なく連続的に捉えることが出来る波形記録は、精度の高い微地形が作成可能と言います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *