ドクターヘリで活躍する医師や看護師になる方法

ドクターヘリは医療機関が充実していない地方で、ドクターと看護師が乗り込み、ヘリポートやヘリコプターが着陸できる広場等で、救急車で搬送される患者をそこで診て、応急処置を施し病院に戻り本格治療するためのものです。

広いエリア内で救命救急病院や高度救命救急病院が少ない場合、中核となる高度救命救急病院で運用されているのが一般的です。非常に大変な仕事ですが、テレビドラマやドキュメントでも取り上げられる事も多く、ドクターヘリで活躍するドクターや看護師に憧れる人は少なくありません。

そんな憧れの職業に就くには、どうすれば良いのでしょうか。ドクターヘリに登場して活躍するドクターになるには、最初に医学部で学び、医師免許を取得し、救命救急の専門医となる事が必要です。救命救急医として経験を積み、多くのスキルを実践的に学んだ上で、ドクターヘリの運用を行っている高度救命救急の部門を持つ病院に勤務する事で初めて従事が可能となります。

看護師の場合も同様で、看護師の資格を取得し、救命救急部門で経験を積み、ドクターヘリの運用を行っている病院に就職する事が必要です。ヘリには、操縦士と、医師と看護師が乗り込んで、現地に飛び立ちます。

従って、現地では病院との連絡は取れるものの、すべてを医師1人と、看護師1人で処置する事が必要で、極めて高い専門性と的確な判断が必要な過酷な職場と言えるのです。単に憧れだけで簡単になれる仕事ではなく、非常に大変な経験を積み、覚悟を持って取り組まなければいけない仕事なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *