モービルマッピングに必要なシステム

モービルマッピングは移動しながら空間情報を収集できるシステムです。車両にさまざまな装備を搭載して監視や計測を行います。

そのために最低限必要なのが、GPS通信機、レーザ計測器、ビデオカメラです。これらの計測器を複数組み合わせて使うことで正確な情報を得ることができます。GPS通信機は位置を明確にするために使われます。衛星から送られてくる車両の場所情報は全ての情報を紐づける上で重要な役割を果たします。この精度が高くないとせっかくの情報が、違う場所を示すことになります。

それでは全く使い物にならないため、かなりの精度が求められます。GPSで取得した場所情報に映像を紐づければ、そこに何があるかがわかるようになります。映像の取得はデジタルカメラで行われます。少なくても前と後ろの2つのカメラが必要です。後で見返したときにその場の風景がわかるように広角な映像が必要です。モービルマッピングが通常の監視や計測と違うところは、レーザによる計測ができるところです。映像だけではどれぐらいの高さなのか、幅は十分かなどの確認を取ることができません。

360度死角なく配置されたレーザによって空間のあらゆる位置の情報を確認することができます。モービルマッピングを使えば、道の幅や高さ、建物にある入り口の場所などを知ることができます。今後さらに発展していけば、本来その場所に行ったことがなくても手に取るようにわかるような世界が訪れるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *