モービルマッピングは革新的な要素

一般の道路のデータを3次元レーザー測定機器とデジタルカメラを使用して撮影するものをモービルマッピングと呼びます。

周辺の座標データを採取して連続映像を取得、道路維持管理業の効率化を行う事が可能です。社会インフラのサイクルコストに最適化するサービスとなっています。道路マネージメントに対応、道路台帳や地形図から基盤地図整備といったものに活躍してくれるのが特徴です。通常の管理だと詳細な位置情報を取得しにくいのですがモービルマッピングの場合は路面標示や道路付属物といったものも取得できるので注目しておくといいでしょう。取得した3次元データを活用して任意地点における縦断図や横断図の作成もできます。

防災や災害時にも使えるもので方面崩壊といった災害が生じるときに被害規模を把握しやすくなっているのがメリットです。モービルマッピングを利用したいときには販売している会社に依頼をするといいでしょう。各会社では独自のモービルマッピング機器を販売します。前方と後方に2つのレーザースキャナを装備、デジタルカメラや3D点群データを採取したいときに使えます。実際にモービルマッピングをするときには車の上部に機器を取り付けて走行を行うのが特徴です。

車で走っているだけで3次元データを取得できる簡単な内容となっています。現在下水道情報の管理システムに使われていたりトンネルの健全性評価に使われている機器です。主に業者向けのものなので検討してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *