「モービルマッピング」とは?

「モービルマッピング」という技術をご存知ですか。

その名前を聞いただけで何のことかわかる人は少数かもしれません。「モービルマッピング」は、GPS、レーザースキャナー、カメラなどの機器を車両に搭載し走行しながら周囲にある建物や道路の形状、更には標識やガードレール、路面に記載された文字やマンホールなどの3次元の位置情報を高精度かつ効率的に取得することができる技術です。

その技術の進歩は目覚ましく近年の「モービルマッピング」システムの多くは絶対精度10センチメートル以内、相対精度1センチメートル以内を誇るものも出てきています。その際には車載型の移動式の高精度を誇るシステムの場合通常通りに車両を走行しながらそれらデータをすべて取得することができる気軽さも魅力です。実際にトータルステーションなどの従来型に比べ作業時間を9割近く減らすことができる技術として高い支持を集めています。また、専門的な知識がなくとも普通自動車の運転免許保有者なら誰でも計測することができる点も本技術の大きなメリットと言えるでしょう。

現在でもすでにその技術はトンネル調査、道路台帳作成、高精度なマップデータ収集などにさまざまな分野で活躍しています。特に自動運転技術の研究開発にとっては「モービルマッピング」で得られるリアルな道路データは欠かすことができない存在です。今後その技術はますます活躍の場を増やしていくことでしょう。注目の存在です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *