モービルマッピングの活用

モービルマッピングで取得したデータは、いろいろなものに活用されています。

画像だけではなくレーザで位置情報が正確に計測できることからトンネル内部の形状確認を行うことが可能です。時系列にして比較することで補修が必要な箇所を見つけ出すことができます。ビデオ映像からは路面の劣化情報を確認することが可能です。ヒビや欠け、変形などを見つけて、補修計画の元データとして利用することができます。モービルマッピングを一方向に精度を上げて河川の堤防の状況をデータ化することもできます。法面の変形解析や天端の変形などを可視化することで危険な状態を見つけることが可能です。

このような変化は、見た目では確認することが困難で、測量による確認が不可欠です。災害時に機能しないようなことがないように計画的に補修を行うことができます。モービルマッピングを鉄道に活用している例もあります。列車の貨車に乗せた状態で走行することで標識や橋梁、信号、架線などの状態を確認することが可能です。

今までは線路の状況を監視する手段はありましたが、それ以外の設備について効率よく実施することができませんでした。モービルマッピングを活用することで短時間で多くの情報を取得することができます。人が目視して確認することには限界があります。測定器を活用することで的確に変化を見つけ出すことが可能です。このような情報が安全と安心を維持することに幅広く活用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *