MMSをうまく活用する

携帯電話でメッセージのやり取りをする際に用いられるサービスの1つに、MMSと呼ばれるものがあります。

MMSはマルチメディアメッセージングサービスの略で、文字によるメッセージ伝達で用いられていたSMSを発展させた内容となっているのが特徴です。たとえば、送信することができる文字列が長めになっている上に、画像や音も送ることができます。本格的なメールのように無制限に送れるわけではないものの、携帯電話での送受信をするしかない人にとっては重宝するサービスなのです。

SMSの場合は携帯電話同士での送受信しかできないのですが、MMSを用いるとパソコンを使用している相手との送受信をすることも可能となります。したがって、やりとりの幅が広がるわけです。MMSの策定に海外の通信事業者などが中心となっていたこともあって、日本国内の携帯電話会社では積極的に採用されているわけではありません。そのため、対応している端末が限られているなどの難点もあるのです。

利用者によっては不便を感じてしまいます。メッセージを受信する方法について、MMSの場合は2種類があることに注意が必要です。自動受信という方法と、選択受信という方法があります。ネットワークについて特別な意識が必要ない自動受信の方が利便性は高いですが、必ずしも選択受信より優れているとも言い切れません。選択受信にすると、パケットや料金を必要以上に消費せずに済むメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *