今は新しい方法で空撮を行うことが出来ます

テレビを見ていると空からの映像を見る機会が多いと思いますが、その映像はどのように撮影されているかご存知でしょうか。

映画やドラマなどの予算がある現場ではヘリコプターから映像を撮ったりすることもありますが、ドキュメンタリーやバラエティでは限られた予算で素材となるものを撮影していかなければいけません。しかし、今は新しい方法で空撮を行うことが出来ます。その方法とはドローンによる空撮です。ドローンとはラジコンのように操作できる機械で、カメラを設置して空を飛ばすことが可能です。

値段は性能や特長によって大きく異なりますが、安いものであれば数万円で手に入ります。高いものは数十万円掛かりますが、スピードや耐久性も段違いです。空撮で使用するものはそこまで高いものである必要はなく、最低限の性能を持っていれば問題ないです。限られた予算で撮影を行う現場では非常に重宝するアイテムです。個人で動画を撮影して、youtubeなどの動画投稿サイトにアップロードする人もドローンを使用している人が多いです。

しかし、ドローンを使用するときに気をつけなくてはいけないことがあります。まず、周りの安全を確保して使用するということです。交通量が多いところでの使用や、混雑している場所での使用は控えるようにしましょう。ルールを守れない人はドローンを持つ資格すらないと考えています。次は他人を勝手に撮影してプライベートを侵害してはならないということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *