モービルマッピングで地図作成

モービルマッピングとは地図を作成する方法の一つです。

地図を作るためには、昔は確かに人が直接現地を見て、必要であればカメラのシャッターを切るなどして情報を保存しながら行っていたのかもしれませんが、今ではこのような方法はごく限られた場合にしか行われません。あまりに効率が悪く、一方で建物、道路、鉄道その他のインフラは日々変わっていき、到底人手では追いつかなくなってしまっているからです。代わって、よく知られている方法の一つが航空測量でしょう。

セスナ機などを飛ばし、上空から写真を撮ることで地図作成に活かそうとするものです。これは極めて理に適っている方法と言えるでしょう。というのも、最終的に我々が目にすることになる地図とは、それが紙に印刷されたものであれ、パソコンやスマホのアプリで見るものであれ、簡単に言ってしまえば上空から地上を見下ろしたものになっていることが多いからです。

ところが、残念ながら上空からの撮影だけでは限界がある場合もあります。モービルマッピングはこのような場合に活躍します。どんな場合かというと、三次元的な情報が欲しいケースです。上空からではどうしても二次元的情報に留まりますが、例えば高速道路のインターチェンジなどの複雑な立体交差を思い浮かべてみてください。カーナビのマップ情報としては二次元データでは困るでしょう。このような三次元的情報が必要な場合にはモービルマッピングが活用されることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *