あまり知られていないモービルマッピングとは

モービルマッピングとはまだまだ一般に知られているとは言いがたい言葉ですが、mobile、つまり可動性のあるという意味と、マッピング、つまり地図作成ということからだいたいの意味は想像できるのではないでしょうか。

これは、車に必要な測量機器を搭載し、実際に交通の流れに乗って普通に車を走らせながら地図を作成する、正確には地図作成に必要な電子的なデータを自動的に取得する技術のことです。地図作成は昔からこのように実地に調査することで行われていたのですが、モービルマッピングが重要になってきたのはいちいち全てを人の手で行うことが非現実的になってきたためです。

道路にせよ周辺の建物にせよ、変化の激しさはもはや説明するまでもありません。人の手で全ての作業を行っていては、新しい地図が完成する頃には既に現実は変わってしまっていて物の役にも立たなくなっているということがあるからです。また、一般の地図は当たり前のことですが二次元の情報です。

ところがこれまた最近の現実においては、とくに都市部で二次元ではなく三次元の情報が欲しいと思ったことも多いでしょう。複雑な立体交差などが代表的です。モービルマッピングでは機器が自動的に測量をしますので、データは全て三次元情報として取得、管理、活用することができます。もちろん最終的に紙面の地図に落とし込む場合は二次元にせざるを得ませんが、データとしては三次元で持っておくことができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *