モービルマッピングの精度・活用・応用について

モービルマッピングは、車両で走行した周辺の3次元空間データを作り出す技術の事です。

車両にGPSアンテナ・カメラ・レーザースキャナー等を搭載し、走行しながらデータの収集を行う移動体計測システムとしての側面も有しています。モービルマッピングの特徴は、計測における精度の高さです。比較的簡潔なタイプであるGPSと距離計のみを使用した方法であっても、絶対的な精度で誤差10cm以内の位置情報が構成されます。計測条件に拠っては更に精度が高まる上、他の測量法を組み合わせて更なる精度向上も可能です。加えて相対的な位置同士の関係性については、1cm程度の誤差にまで留める事が可能です。

実際の測量においてはレーザースキャナー等も駆使し、より精密且つ綿密な立体画像での計測結果の出力を行います。データに基づく用途としては路面調査やトンネルの定期的な点検等が挙げられ、精度の高さから公共測量にも活用が認められており、道路台帳の作成業務にも利用されています。モービルマッピングで測量を行うには機器類に関しては専門的に綿密な調整を要する一方、そちらの準備が整っていれば実際の測量は車両を運転させるだけという手軽さもあります。

この点を活かし、近年は様々な分野への応用も試みられています。一例を挙げると災害発生時に計測を行う事で平時との状況の違いを視覚による比較で把握出来るようにして、救助や復旧に必要なリソースを早期に展開するといった活用が考えられます。また道路状況の変化の内容を蓄積して、高度な自動運転の実現といったシステム構築への応用も期待されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *