ドクターヘリ-は農村地や遠隔地で活躍しています

過疎地や遠隔地など、大きな医療機関がない地域では、事故や急病があった際に、対応することが困難です。

仮に、医者に十分な知識と技術がある場合でも、治療装置に必要な設備がなく、対応できないことは少なくありません。患者を移動させる手段としては、救急車がよく使われています。しかし、救急車は道路事情に左右されるうえに、病院が遠い場合、十分な治療を受ける前に、患者の容体が悪化する可能性があります。

遠隔地や過疎地から、迅速に患者を移送させる手段として、ドクターヘリ-が使われています。ドクターヘリ-は、患者を移送するヘリコプターです。ヘリコプターの中には、パイロットの他に、医者と看護師が患者に付き添い、応急的な措置を施します。ドクターヘリ-は、通常のヘリコプターと同じように、高速で飛行します。

建物や道路事情に影響されないので、速くに患者を医療機関に搬送することができます。ヘリコプターが着陸するためには、周囲に電線や電柱がない、広い土地が必要です。過疎地や遠隔地は、農村地帯が多く、あまり使用されない駐車場などもあるので、ヘリコプターの着陸に困ることはありません。

医療格差は広がっており、都市部と農村部では、患者が受けることができる治療の質に、大きな差があります。ドクターヘリ-が普及し、広く使われることによって、農村地帯の患者でも、最新の医療設備を使用できるようになり、医療格差が小さくなることが期待されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *