モービルマッピングの特徴とメリット

モービルマッピングは自動車に測定器を搭載し走行することで地形のデータを採取し様々な分野に生かすことです。

自動車で走行して現地の状態を逐一確認しながら測量を行うことで、航空測量などの手法に比べ詳細にデータを取得することが可能になるのは大きなメリットです。また必要な場合にはカメラなどの機器を用いて詳細にその状況を確認し貴重な情報として生かすことができるのも大きなポイントになっています。

従来のモービルマッピングでは周辺の状況を確認することができますが地形データを確認する際にはそのデータ量が大きすぎるために効率的な処理ができないと言う問題がありました。しかし最近では統合的にこれらのデータを処理することができるシステムが確立されており、モービルマッピングで得た情報を元に大規模な地形図などを作成する技術が進化しているため、従来の航空測量に比べ非常に精密な地形図を作成することが可能になっています。

モービルマッピングのメリットは実際に自動車にカメラなどを搭載して食料ができることで、従来ではわからない細かい規定などもしっかりと測定することができることです。道路の状況や詳細な凹凸の状況なども実際に自動車で走行して確認することができるので大規模な地形図の中に錠剤の情報を盛り込むことができ、また航空写真だけでは得られないこの海軍の情報なども網羅した地形図が作成できる点も大きなメリットです。そのため、カーナビ等においては非常に重要な情報が採取できる手段として注目されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *