モービルマッピングについて

モービルマッピングとは、自動車などの走行車両にデジタルカメラや3次元スキャナー、GPSなどの計測機器を搭載して道路を通常走行しながら道路や周辺の建物の形状、標識やガードレール、マンホールなど道路とその周辺の状況や周辺の映像を連続して測定・取得して、高精度な3次元データを得ることです。

道路工事などで必要とされる計測でもモービルマッピングは活用されています。通常走行しながら測定することで、従来の道路測量のように交通規制をする必要がないため、道路の混雑を引き起こすことがなく、時間帯を選ばず計測をすることができます。道路上での作業がなくなるため、作業をする人たちの安全確保や作業負担の軽減につながります。

機器を出発前に設定しておくことで、走行中の計測には特殊な技術は必要とされず、普通運転免許を持つ人であれば可能になります。自動車などの走行車両を用いるため、1日の計測可能範囲も広くなるため、広範囲の計測を必要とする作業については工期の短縮になります。また自動的に計測するため計測漏れがなく、デジタルデータとして記録されるため計測箇所の振り返りやデータ加工も簡単にできます。

またモービルマッピングは、各地で起きている地震や風水害での被害状況調査にも役立っています。災害後の道路の状況をいち早く調査し、災害前後の状況を比較することで被害の規模を確認したり、修復に向けたデータ取得を行うことができ、その後の早期の修復につながっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *