空撮は環境や紹介に役立てられています

上空から撮影する事を空撮と言います。

ヘリコプターやセスナ機などを利用して地上の風景を撮影するのが空撮ですが、撮影する目的は大きく分けると環境と自然などの紹介と言えましょう。環境においては森林の状態を確認する、災害が起きた場合には災害の度合いを把握するなどの目的で撮影が行われます。

最近は大きな地震が各地で発生しており、地震による被害状況の把握を行う時にも空撮が利用されるケースがあります。例えば、林道などを空の上から撮影をし、地震により道路の寸断されている箇所を特定する時にも利用されますし、日本は火山国と言われている事からも、火山の活動状況のために空の上から撮影が行われるケースも少なくありません。

一方、紹介として利用が行われるものには、映画や自然をテーマにしたテレビ映像として活用が行われるケースも多くあり、地上で見る風景とは異なる事からも、こうした映像を好む人は多いのではないでしょうか。尚、ヘリコプターやセスナ機を使った空撮は航空機を操縦する人と映像を撮影するカメラマンが必要になります。

紹介などで撮影が行われる場合、火山が激しく噴火している映像を撮影する事もあります。こうした映像を撮影するのは命がけでもあり、最近はドローンを使った空撮も行われています。ドローンの場合は操縦士が要りませんし、ビデオカメラは無人での撮影が出来る、人が入ると危険な場所などでドローンを使った撮影が行われるケースが多くあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *