ドローンを使う空撮もあります

空撮とは空の上から地上を撮影する事を意味しています。

一般的にはヘリコプターなどの航空機を使い、ビデオカメラを利用して撮影する事になります。地上を歩いて入る事が出来ない場所、歩いて行く事は出来ても、土砂災害や火山の爆発などにより立ち入りが禁止になっている場所などを上空から撮影する事が出来ます。

テレビドラマや映画の中などでも空撮が活用され、地上から見る景色とは違った景色を楽しむ事が出来る魅力がある事からも、大自然の中を撮影する時などヘリコプターなどを使って空撮を行うケースが多くあります。ヘリコプターを使う場合には、高額な費用が掛かる事やヘリコプターをチャーターするなどが必要になって来ます。そのため、広告費用や経費を節約する時などはドローンを利用する方法もあります。

ドローンは無人の航空機で、操縦士が要らない野が特徴です。ヘリコプターの場合には操縦士や撮影を行うカメラマンなどが必要になりますが、ドローンの場合は無人の状態で上空からの撮影を可能にしてくれます。ドローンと言うと小さなラジコン模型などのイメージを持つ人も多いかと思われますが、大きなタイプになると全長30メートルもの大型ドローンもあると言われています。

尚、操縦士やカメラマンが要らないので経費も節約出来るメリットもあるわけですが、ドローンは危険な場所の撮影、空の上からの空撮も可能にしているのが特徴で、活動中の噴火口の撮影などでも利用が行われる事があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *