航空レーザー計測によって高精度なデータが得られます

航空レーザー計測は航空機に搭載しているレーザースキャナーから地上にレーザー光を照射し、地上から反射されるレーザー光との時間差から得られる地上までの距離や、GNSS測量機やIMU(慣性計測装置)からの航空機の位置情報によって、地上の標高データや地形などの形状を調べることができる測量方法です。

航空レーザー計測にはレーザー測距やGNSS・IMUなどの技術の組み合わせによって実現されています。レーザー測距装置はレーザー光を発射し、地上から反射される時間差を調べることによって距離を測定する装置です。進行方向に対して横方向にもスキャンさせて標高を調べるのでレーザースキャナーとも呼ばれます。

GNSS受信機は航空機の位置を把握するための装置で、一般的に地上の電子基準点を利用し、連続キネマティック測量を実現することができ、地上の測量と同じような高精度な位置測定を実現しています。IMU(慣性計測装置)はジャイロを改良したものです。飛行機の加速度や姿勢などを測ることができ、この測定値からレーザー光が発射された方向を補正することができます。

航空レーザー計測はこれらの3つの技術によって、地上まで達したレーザー光の位置、つまりレーザー計測点と高さを正確に計算することが可能です。レーザー計測点の高さは1cm単位で記録され、高さの精度は±15cmぐらいになります。水平方向の位置精度は高さの精度に比べるとやや劣りますが、1mぐらいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *