航空レーザー計測は地形を迅速に把握できる計測方法

地形を詳細に測定するためには、様々な方法で測量を行い、測定したデータをもとに立体的にこれらの情報を組み合わせて測定するのが一般的です。

従来は地上から写真を撮影したり、航空写真を利用したりしてその測量を行っていましたが写真や図面等から地形の全体像を把握することが非常に難しく、推測をもとに作成された情報も含まれていることが多かったため正確な測量を行うことが困難な面がありました。

航空レーザー計測はレーザー光線の直進性を利用し市場の様々な対象に照射してその反射を測定することで正確な地形の情報が得られる方法として近年広く利用されています。従来の写真などを利用した測定に比べ正確な情報が得られるばかりでなく、簡単に計測ができることも普及の大きな理由で、従来に比べ迅速に詳細な地形を測定することができるようになっています。

近年では空中の様々な情報を効果的に利用することが非常に重要になっています。航空機やドローン等が安全に飛行できるように詳細な地形を把握しその情報を共有することでその安全性を高めるための情報として役立てるほか、空中の様々な理由において正確な測量値を把握することが効率的な利用につながるとしてその情報が広く求められています。

これらの情報集めるために迅速かつ正確に測定ができる航空レーザー計測は非常に有効な手段として認知されつつあり、近年では様々な場所において行われている測定方法でもあります。航空レーザー計測は国土の狭い日本において有効に国土を活用するために必要な情報を迅速に得られる方法として様々な分野で応用されている測量方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *