ドクターヘリの役割とは

ドクターヘリの活用により、一人でも多くの命を助けていますが、ドクターヘリの使用によりどんなメリットがあるのでしょうか。

過疎化が進む現代では、大きな病院は街に集中し田舎に住む人々は孤立状態にある状況が問題となっています。救急車を呼んでも隣町まで1時間なんて場合もあります。そこで活躍するのがドクターヘリなのです。短時間で現場に向かい、搬送ができるのです。出動範囲が広いので1秒でも速く遠くまで到達することができます。

振動が少なく患者に負担をかけません。また、ピストン搬送ができるので複数名の患者の移送に大いに役に立つのです。悪天候での飛行ができないので天気に左右されてしまうのが難点です。暗い夜間の飛行も危ないのでできません。また、フライトスタッフの乗車人数は少ないので同乗できない場合もあります。年間に約2億円もの費用が必要だと言われていますので、維持費がかなりかかってしまいます。

ドクターヘリの設置には、着陸可能なヘリポートの確保が必須になります。田舎街の広い公園や役場そば、または川のそばなど広い場所に着陸場所を設置して活動を行います。大きい病院の屋上を使って、着陸と離陸を行います。

大きい病院での活用しかできないので、コストの面でもまだまだ検討しなければいけない課題はあるのかもしれません。大きい街の大きい病院限定ですので、利用病院が少ないのが現状です。フライトドクターが同乗していることは、患者さんにとって非常に安心できるので、ドクターヘリの活躍は普及していってほしいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *