医療機器のある乗り物ドクターヘリ

ドクターヘリは医療機器や医薬品を搭載し医師や看護師が同乗する乗り物で救急医療用ヘリコプターともいいます。

基地とする病院の構内や隣接地に常駐し要請に応じて迅速に救急現場等に向かい救急医療を行うことができます。病院から遠い地域からの搬送時間が短縮できるだけでなく、医療行為を機内で行なうことができるので救命率をあげ回復後の重篤な後遺症を防ぐことができます。国内での導入は当初は、必要性は理解されていても費用の問題からあまり進みませんでしたが、現在では国と自治体がそれぞれ負担することになったため徐々にではありますが全国的に普及が進んでいます。

消防署や警察からの出動要請を病院内の救急救命センターが受けると出動し、費用につては搬送は無料ですが、ドクターヘリの中で内で行なわれた治療や往診料などについては健康保険が適用されて患者に請求されます。また都道府県内での利用に限定せず、複数県で協議して運用することもでき、実際に福岡県の久留米大学病院のドクターヘリは佐賀県東部と大分県・山口県離島での共同運用、富山県では富山県立中央病院を拠点病院として岐阜県の高山市、飛騨市、白川村と共同運用する乗り物として利用されています。

他には消防や防災ヘリという乗り物をドクターヘリとして運用している地域もあり、ドクターヘリと同じレベルの救急医療装備を搭載しており、要請があれば提携病院に飛びんで医師や看護師などを乗せランデブーポイントとよばれる救急隊との合流地点に向かいます。そして患者を乗せ待機していた救急車内で救急応急処置を行ないます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *