ドクターヘリは緊急・救急医療に不可欠な乗り物です

「ドクターヘリ」とは、救急医療に必要な機器を装備して、専門医と看護師が登場して救命医療を行う医療専用のヘリコプターです。

ドクターヘリは、一般市民が依頼することはできず、消防機関からの要請に基づいて現場に駆けつけることができます。患者様の状態や現場への交通状況を総合的に判断してから出動になります。そして、傷病者に処置治療を行い、その後に高度な医療機関に搬送する役割を持っています。ドクターヘリが要請されるケースは、交通事故や災害などのケガによる大量出血や大やけどなどその場から動くことが危険な状態で早急に治療を行う必要がある場合に出動要請がかかります。

その他、過疎地と呼ばれる農山村地域から高度な病院に長距離移動が必要な場合に有効とされています。同じ救急の乗り物でも救急車と異なる点は、乗車して現場に向かう職種の違いと管轄です。救急車は管轄が消防庁で乗務するのは救急救命士で搬送中に救命処置を行いますが、行える処置が限られてきます。一方、ドクターヘリは同じ乗り物であっても、管轄は厚生労働省でかつ医師が乗っているので、その場ですぐに本格的な医療行為が行えます。

どちらの乗り物も搬送に対しての患者様への費用負担はありません。治療に関しての手術や処置などの治療に関しては費用がかかります。ドクターヘリは365日スタンバイしていますが、日没前までと定められており、夜間は出動できません。また、視界が確保できない悪天候の場合も飛べないことがあることも特徴ですが、救急での治療に対して早急に対処できるという大きなメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *