人の命を救う医療用乗り物ドクターヘリについての解説

医療用乗り物ドクターヘリは、空移動することにより患者のもとへ迅速にかけつけて、治療してくれます。

人の命にかかわる病気やケガの治療開始時間が一分違うと、治療結果に大きな差がうまれます。医療用乗り物ドクターヘリの本格導入により、今まで助からなかった人を助け、後遺症を残すことになった人を少なくすることができました。機内には、人工呼吸器、患者監視モニター、除細動器等など他、治療に使う薬品も搭載されています。

緊急的に人の命を救うための訓練を受けた医師や看護師も、搭乗します。利用に関しては、医療行為にかかった費用のみ払うことになり、医療用乗り物ドクターヘリを利用したことでお金を払うことはないです。原則的に患者しか機体には乗れませんが、現場にいる医師の判断により、付き添いの人も乗ることができます。利用に関しては、119番通報を受けた消防機関が判断します。

そのため、患者が119番をする場合自分の困っていることや置かれている状況を控え目に言わずに、ありのままを言う様にした方がいいでしょう。自分の口では上手く消防機関の人に伝えられない場合、まわりに人がいればかわりに119番してもらうといいです。

飛行に関しては、機長が目で見て飛行するので日が昇っている時間帯のみに限定されます。我慢すれば症状が回復するかもしれないと考えて119番するのが遅くなってしまった場合、医療用乗り物ドクターヘリを利用できなくなることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *