ドクターヘリという救世主

ドクターヘリ。

名前こそ知られているものの、実際に見かけたり活用したりといった機会が少なく、その実態はあまり知られていないと言わざるも得ません。それもそのはず、ヘリコプターという性質上使用場面が相当限られる上に現状利用されている台数はかなり少ないのですから。このドクターヘリとは、簡潔に言えば空を飛ぶ救急車、といったところです。専門の医療スタッフと医療機器、酸素チューブや輸血用の血液を搭載しており、その上で機内での処置に大きな影響を及ぼさないために飛行関連のエンジンなどについてもかなり高度の技術が使われています。

その需要の少なさから特段専門の養成機関が設けられているといったこともなく、専属のヘリコプターパイロットと医師によって運用されています。わざわざ救急車ではなくドクターヘリという空路の形態をとることの意義は、スピードよりもむしろ走破性の高さにあります。離島や山岳地帯をはじめとした高度な医療を行える場所から遠かったり、あるいは道続きでなかったとしてもその場に駆けつけて緊急処理、ならびに搬送を可能にするという点において、東京都に含まれるほぼ無人の島や日本アルプス登頂中の事故に対して運用されることも多いです。

また、大規模災害の際に道が塞がってしまったというケースにおいても運用が可能であり、常に燃料をチャーターした状態で待機しておくことで災害救助を容易にする傍ら、そのコストの高さやサイズの大きさから常駐させておく数には限度がある、という懸念もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *