ドクターヘリに対する期待は大きい

ドクターヘリに対する期待には大きなものがあると考えて良いでしょう。

というのは、既にこれまでの車による救急活動には限界があるという事が明らかになっているからです。特に渋滞に対しては緊急車両もどうしようもないという事があるので、渋滞によって救える命が救えなかったという事は、これまでにいくらでもあったという事が分かっています。ですが、空中を移動するということになれば、渋滞は一切関係ありません。

着地という事が問題視されることがありますが、着地はドクターヘリがする必要は無く、救急活動をする人間だけが降りればいいわけですから、ドクターヘリは安全な上空で待機していればいいわけで、この待機をする事が出来るという事も大きな魅力だと考えて良いでしょう。別に人がパラシュートで降りる必要はありません。目的地でドローンのようなものに乗り換えて安全に着地をすればいいわけで、ここでもドローンの活用を考えればいいわけです。場合によってはドローンで目的地に行くことをしてもいいかもしれません。

こうした空の理由というのがこれからは大きな意味を持つことになると考えるべきで、いつまでも昔の手段に拘る必要はないと考えるべきでしょう。現実的な方法があるわけですから、それを活用しない手は無いわけで、これで救える命が飛躍的に増えるという事であれば、考えるというよりもすぐに導入して実用化をしていくべきでしょう。それが自治体の仕事だとも言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *