救急医療はドクターヘリに移行すべき

既に救急医療は車両ではなくドクターヘリに移行すべき時代になったと考えた方が良いかもしれません。

車の渋滞というものが無くならないのであれば、時間的に問題のある車で救急搬送をするという事には無理があります。どんなにサイレンを鳴らしても車が渋滞していたのでは、それらを押しのけて通る事が出来ないわけですから、当然時間がかかることになります。ドクターヘリは誰もいない空中を通るということになるわけですから、これほど緊急車両に適した移動手段は無いという事になります。

問題となるのが、ドクターヘリの費用という事になるわけですが、これは別に自治体の人の給与を下げれば問題なく運航できる事になるでしょう。特に報酬が一千万を超えているような公務員がいくらでもいるわけですから、そうした人の給与を下げればそれだけで人の命を救う事が出来るというわけです。基本的に公務員が高給を取る事が出来るのは自治体に満足な政治を行った時に出来る事であって、ドクターヘリのような優れた緊急車両などがあるにも関わらずに、導入を怠っているということになれば、それが問題になるのは当然の事です。

まず一番に導入を検討すべき事という事になるでしょう。現在は離島があるようなところで導入されているのですが、このような集団は人が多く暮らす渋滞が起きるような所で運用できるようにするのが、本来の自治体の仕事という事も言えるのかもしれません。それが出来ないなら高給をもらう意味などありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *