初心者用ドクターヘリについての解説

ドクターヘリは医師や看護師を乗せて患者がいる現場に急行します。

人の命を救うためには1分1秒でも早くかけつけた方が良いです。救急車の場合は現地の交通状況の影響を受けてしまうことがあります。また、遠方地までの距離が遠い場合どうしても時間がかかってしまいます。その辺の問題を解決しました。機内には除細動器・人工呼吸器・心電図のモニターなどが備えられていているので、移送中にも医療行為ができます。ドクターヘリの利用費用はかかりません。

ただし、患者に対する医療行為に関する医療費は通常通り請求されます。医療費に関しては数万円かかることは珍しくありません。出動要請については一般人が行うことはできません。119番通報を受けた消防機関が患者の重症度を考量して判断します。欧米では1970年代から整備されています。ドイツでは2012年の時点において約80病院が全土をカバーする程普及しています。日本でも1981年から岡山県の川崎医大病院が一時的に運用していました。

その後関係者が厚生労働省についてドクターヘリの必要性を伝えていました。そのかいがあって2001年に国内では本格導入されました。現在は41道府県で51機が運航していて、多くの人の命を救っています。2016年度の運行実績は全国で2万5千回を超えています。2008年ドクターヘリを取り上げてドラマがヒットしたことにより、ドクターヘリの知名度がさらに広まりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *