救急搬送ドクターヘリについて

怪我や病気はどこで発生するかわからないものです。

中には、救急車が行きにくく生死に関わってしまうケースもあります。救急車では患者を搬送できないという時に利用できるのが「ドクターヘリ」になります。ドクターヘリとは、医療機器を装備して、医薬品を乗せたヘリコプターを病院の敷地内に待機させておき、出動要請があると医師や看護師が乗り込んで救急現場に行くというヘリコプターです。

ドクターヘリは、患者を搬送させるのではなく医療スタッフを救急現場に送り込むことで適切な治療を行ってもらうということが重要な役割となっています。救急車に比べて治療を早く開始することができる上、搬送時間を短縮することができ、搬送中でも適切に治療することによって重体の患者の生存率を高めたり、完治までの期間を短縮することができるようになっています。

従来の救急車を使った治療に比べて救命率が3割以上向上していたり、完治して社会復帰できる人の数も1.5倍に増えたという調査結果もあります。このようなメリットの多いドクターを乗せたヘリコプターですが、残念ながら日本では全国に普及していないのが現状です。理由の一つが運営するために費用がかかるということです。国や自治体が負担していますが、大きな負担となっているのが問題となっています。費用は年間あたり2億1000万円程度かかり、各都道府県に1機ずつ配置すると年間100億円は必要となりますが、国民一人当たりの負担80円ほどと考えると十分に価値があると考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *