ドクターヘリについて

近年ドラマでも取り上げられ、話題になっているのがドクターヘリです。

その名前自体は浸透してきたものの実際にどのようなものか知っているという方や、出動したところをみたことがあるという方は少ないかもしれません。なぜかというと、まだまだ日本では普及がすすんでいないのが現状だからです。ドクターヘリを設置すると年間で約2億円程度かかります。これを国と自治体で負担するのですが、かなり負担が大きかったのです。

現在ではその費用のほとんどを国が負担してくれることになったので、徐々に普及が進んでいくものと思われます。ドクターヘリには利点がいくつもあります。まずヘリに医師が搭乗して現場に向かうので、現場でやヘリのなかで即座に治療が受けられます。中にはヘリのなかで気管切開をしたり簡単な手術をした方もいます。救急車には医師は乗っていませんので、この点はかなりの違いです。

すぐに治療が受けられることで助かる命が増えますし、脳卒中などの後遺症も少なく済む場合も置くなります。また現場に到着するまでにかかる時間も、車よりかなり速いです。渋滞の心配もありませんし、なかなか車が入って行けないような、山の中でも駆けつけることができます。一刻を争う救命の現場では、この意義はかなり大きくなってきます。このようにドクターヘリは、救急医療に革命をもたらしたものなのです。特に過疎化がすすむ地方ではこれからますます必要になってくるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *