ドクターヘリが運行される時間

ドクターヘリは救急専用の医療機器を装備していて、なおかつ救急医療の専門医師や看護師が搭乗する専門のヘリコプターです。

最近はテレビドラマなどでもちらほらと見かけるようになり、いつかは登場する機会もくるのだろうかと思っている方もいるかもしれません。救急車のような感覚で24時間365日運行しているのかと不思議になるかもしれませんが、原則としては午前8時30分から夕方(日没30分前まで)というように規定されています。365日の運行であることは変わりませんが、24時間ではないということは知っておいた方が良いでしょう。

救急車を呼ぶような感覚で使うことは当然できませんので、通報があったときに状況の確認をしながら必要に応じて出動が判断されます。ドクターヘリはヘリコプターという限定された空間の中なので、大勢の人が乗れるようにはなっていません。患者人数としては多くても2名なので、もしも付き添いたいと思うときには後から追いかけていくような形になると思っておきましょう。

医師の判断で付き添いが必要だとされたときには1名の搭乗となります。ドクターヘリは41道府県とほぼ全国で使えるようになっていますが、まだ全国で利用できるというような状態にはなっていません。余程の症状や怪我ではない限りは利用する機会はないかもしれませんが、ドクターヘリという存在がどんなものなのかを大まかにでも知っておくと、万が一のときがあったときにも対処しやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *