高度な救命医療を行うドクターヘリ

ドクターヘリとは医療機器や医薬品を装備したヘリコプターの事を指し、これに医師や看護師が同乗し救急医療活動を行います。

一般的にはヘリコプター救急や、航空救急医療活動などと呼ばれる事もあり、世界中で活躍しています。このドクターヘリは患者を医療機関へ搬送するだけでなく、その場で怪我の治療などを行いながら、病状に適した医療機関へ搬送するのです。またヘリコプターは病院の敷地内に待機しており、出動要請が出ると医師や看護師が数分で現場へ向かいます。いち早く現場へ医師を送り込む事が、ドクターヘリの重要な役割なのです。

このようなことから、重篤な状態の患者の命を救ったり、治療の開始を早める事ができるのです。これは救急車など地上での救急に比べると、3割以上もの救命率の向上が見られています。素早い出動や医師による迅速な対応により、治療までの期間の短縮が可能になり、救われる命が増えるのです。ドクターヘリは、どこの医療機関にも存在するものではありません。現在では、全国的にまだ数少なく不十分であると言えます。

これは、年間で数億円程の運営費が必要になる事が理由の1つでしょう。ドクターヘリの運営費は、国や自治体が負担しているので、患者個人には費用はかかりません。さらに、医師の確保やヘリポートの不足、夜間の離着陸が困難である事も原因として挙げられます。年間で約2万人以上もの人がこの高度な救急医療によって救われている事を考えると、今後さらに整備や普及が求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *